気になるいぼの種類と治療法【 切除すると見た目も改善】

皮膚科以外でも行える

医者と看護師

いぼの切除は皮膚科でも行われていますが、美容整形を検討してみましょう。美容外科クリニックならキレイに跡形もなく取り除けます。また、施術前には様々な情報を収集しておきましょう。施術の流れなどを把握しておくと安心です。

詳しく見る

手軽に取れて便利

顔に触れる女性

いぼの切除は美容クリニックで行いましょう。手軽に取ることができると評判になっています。また、申し込みも簡単です。ホームページからカウンセリング予約ができる美容クリニックが多くなっており、とてもスムーズです。

詳しく見る

リラックスして受けよう

カウンセリング

いぼの切除は初心者の場合、とても不安に感じられます。不安を払拭するためにも情報を収集しておきましょう。また、施術を受ける前には清潔な状態にして、リラックスすることが大切です。安心して施術を受けられるようにしましょう。

詳しく見る

安全に受けられる除去手術

医者と看護師

外科的な方法で切除するいぼの症状は医師の能力が重要になりやすく、ある程度経験のある方に頼む必要があります。受けられる治療法は複数存在しますが、レーザーを使った方法は安くすむ場合もあるので利用しやすいです。

詳しく見る

知らない間に感染の可能性

医者

見た目を解決できる

いぼが発生する原因には大きく分けると、紫外線や衣服などの摩擦による刺激などの外部要因のほか、加齢変化やウイルス感染などの内部的要因に分類することができます。手足などに出来る水イボは年齢を問わず発症し、専用の小さいピンセットなどを用いて切除するのが一般的です。切除するのは原因如何に関わらず治療の主流になっていますが、ウイルス感染が原因のタイプは、感染するリスクがあるので注意が必要です。小さな切り傷などから感染することが多いので、良く動き回る年少な子供に発症することも多いわけですが、患部の接触を通じて他の方に映してしまうリスクがあります。これは何も他の人に感染するリスクだけでなく、患部意外の自分の身体に病変を拡大させる可能性があることを意味しています。従っていぼを切除した後も手術部位の傷が完全に治るまで清潔を保つと同時に、他の部位に再発していないか、などを日頃から観察する必要があります。場合によっては再発する可能性は否定出来ないので、新たにいぼが発生していないかは、手術後もしばらくは留意する必要があります。再発のリスクはウイルス感染以外の場合でもあり得るので、しばらくの間はセルフチェックを怠らない姿勢が求められます。加齢に伴って頻繁に観察されるようになるいぼの場合、首や顔など人目に付く部分に出来る傾向があります。身体のどこにでも発生する可能性があるにもかかわらず、良く発生しやすい個所が存在するのは、その発生機序に理由があります。スキンタッグなどのタイプは衣服との接触や摩擦による刺激が原因となって、皮膚のターンーバーが活発に行われないことも関係して発症してきます。皮膚のターンオーバーと聞くとコスメ関連で良く耳にする言葉ですが、要は皮膚の細胞の新旧細胞の世代交代が円滑に循環すること、つまり皮膚の新陳代謝が正常に行われることを意味しています。ところが加齢により古い角質などが排除されないまま残存するなどの現象が見られるようになります。本来であれば剥落して新たな細胞にとって代わるべき細胞が残り続けて、紫外線や摩擦などの機械的刺激が要因となって細胞の異常増殖を招きます。その結果、衣服に接触したり日光にさらされる顔や首筋にいぼが多発するようになります。しばしば多発し見た目も良くないので、切除すると見た目も改善されることになり、外出など積極的な生活を取り戻すことにつながります。加齢に伴ういぼの切除は身体への負担も少ない割には、効果を実感できるので大きなメリットがあると言えます。